fc2ブログ
2024 / 02
≪ 2024 / 01 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - - 2024 / 03 ≫

去る10/23(日)に、お隣の津幡町文化会館シグナスにて、シグナス音楽祭が催され、一流アーティストの共演が繰り広げられました。
津幡中・津幡南中合同バンドは、世界的なサクソフォニストである須川展也さんと共演し、生徒の皆さんも思い出に残るステージになったかと思います。

私も役に立たないステマネを仰せつかり、須川さんと1枚頂きました
須川さんと


さて、ところで秋も深まり随分と寒くなってきましたが、皆さん風邪など引かれていませんか?
こういう、気温が不安定な時期は要注意です。気をつけて下さいね!

で、食欲とか読書とか芸術の秋とか言いますが、私もトロンボーン吹き(エセですが)のはしくれ!
この秋は珍しく、何故かトロンボーンのCDを聴きさくっております。

聴きさくったCD

Jean Raffard(パリ・オペラ座管弦楽団首席奏者)に始まり、Jorgen van Rijen(ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団首席奏者)、Massimo La Rosa(クリーヴランド管弦楽団首席奏者)と言った、若手バリバリの方々のCDに始まり、Joseph Alessi(ニューヨーク・フィル首席奏者)、Michael Becquet(リヨン音楽院教授)といったベテランのCDに至るまで、貪るように聴きさくっております。当たり前ですが、やはり名手の演奏は音といい、音楽の深さといい、凡人の及ばざる領域にありますが、何よりもやっぱりトロンボーンって良い楽器やな~と思わせてくれます

そして、明日発売(一部ではフライング発売が始まっていますが)の吉川武典さん(NHK交響楽団奏者)の新譜「風花賛礼」が今日届きました!(写真の一番右のCDです)
見本盤を聴いたのですが、高嶋圭子さんの「風花賛礼」がとっても素敵な曲なのです!!
これからのトロンボーンのスタンダードな1曲に加わるかも知れませんね!!

もちろん、吉川さんの演奏もGOOD!!
こんな風に吹けたら楽しいでしょうね~

そんなわけで、明日から当店でも発売しております



<余談>
今月号のパイパーズ(管楽器の専門誌です)を見たら、素敵なバストロンボーンが・・・・
タイン・バストロ
タイン(FRG)のバストロンボーンで、ハグマンバルブのオフセットですね。しかし・・・このレイアウト・・・素敵過ぎます(お値段も素敵ですが(笑))。
スポンサーサイト




【thein】
タインのオフセットバストロは、DACさんに置いてありますよ。
しかしバストロは、ダイクでしょ。と思うのはわたしだけ?
【仰る通りでございます】
コメントありがとうございます。
仰る通りでございます。取り扱い元がDACさんなのでしょうかね?
何で見たか記憶が定かではないのですが、ベルリンフィルのライエンデッカーさんもお使い???(ほぼクロマトだと思っていました)・・・・まあ、お使いになる事位あるかも知れませんね(笑)
【】
コメントありがとうございます。
わたしも、ライエンデッカー氏はクロマトだと思っていました。
この記事へコメントする















なかはし じゅん

Author:なかはし じゅん
管楽器専門店ウィンズスタイル 代表
2002年、某電機メーカーのソフトウェア開発職から、趣味のトロンボーンが高じて楽器屋さんに転職。2008年に管楽器専門店ウィンズスタイルを設立。中学校・高校の吹奏楽部や管楽器愛好家をお客様として、管打楽器の販売・リペアや、吹奏楽譜・アンサンブル譜等の出版を生業としております。お取引先には、管楽器奏者や合奏指導の方のご紹介を行う等のレッスンサポートもしております!