FC2ブログ
2013 / 11
≪ 2013 / 10 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2013 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はトロンボーンの演奏会のお知らせをたくさんしているような気がします。

オオトリはこちらです。

金沢トロンボーンアンサンブルの、第10回演奏会が12/14(土) 18時より、金沢市アートホールにて開催されます。

第10回という事で、今年は豪華ダブルゲスト!
ともにJapan XO Trombone Quartetで活動されている、若狭和良さん(エリザベト音楽大学准教授)と、黒金寛行さん(NHK交響楽団バストロンボーン奏者)のお二人です。

SKMBT_C25213101518170.jpg

私もちょびっと吹きますが、そんなものは耳を塞いで頂いて、このお二人の演奏をお楽しみ下さい。
本当に素敵です。

当店でもチケットを取り扱っております!
スポンサーサイト

とうとう雪が降った~・・・・と思いきや、根雪にはならず解けてくれました。

良かった~・・・というのは、今年車を新しくしたのですが、まだスタッドレスを買ってないのです。
もうちょっとで買うから、もう少しだけ穏やかな気候でいて下さい。・・・・と祈るばかりです。

さて、久しぶりにバックの永遠のスタンダード、180ML37SP の中古が入荷しました。

PB280109.jpg
PB280117.jpg
PB280118.jpg

製造番号から、2003年の製造と判ります。10年前の楽器なんです。
しかし!とっっっっても綺麗で、全く使用感がありません。
新品といったら、そうかと納得してしまうくらい綺麗な楽器です。マウスパイプに1cm位の小傷がありますが、これも言われなければ判らない位のものです。

とってもお買い得だと思います。

この商品は販売済みです。お買い上げ、誠にありがとうございました!(2014.1.19)

ここ数日の恐ろしさすら感じる雷雨とは打って変わって、今日は比較的穏やかな日となりました。
良かったよかった・・・・

さて、あまり新製品情報ってやってなかったのですが、(エセ)トロンボーン吹きの私が久しぶりに、反応した製品が発売されますので、ご紹介します。

グローバル社の人気商品、C.C.シャイニーケースのテナートロンボーン専用モデルが発売されます。
元々、カラーバリエーションの豊富なモデルでしたが、今回発売されるこのモデルは、とてもスタイリッシュ!
(あ・・・いや、今までのがダサいとは言ってませんよ(^^;)

お値段も手ごろなので、テナーをお持ちの方は如何ですか?
12月中旬発売予定!予約受付中です!

SKMBT_C25213112119390.jpg


フライヤーにある通り、F管付きのテナーバスや、テナーでもラージシャンクの楽器は入らないそうですので、ご注意を!

石川県の古豪バンド、金沢市立工業高校吹奏楽部の第47回定期演奏会が12/7に開催されます。
こちらは第47回!私が生まれる前からやっている、おそらく吹奏楽部単独の演奏会としては石川県で一番伝統があるのではないでしょうか?(今年第82回だった遊学館高校さんは学校全体の演奏会という位置付けなのです)

今年はイタリアの作曲家、ジョゼッペ・ヴェルディ生誕200年を記念して、名曲「アイーダ」に取り組みます。

当店にてチケットを取り扱っております。
是非足をお運びください!

SKMBT_C25213111617151.jpg

来月は演奏会ラッシュです。

まず12/1にはかほく市吹奏楽団の第10回演奏会が開催されます。
記念すべき10回目ですね!おめでとうございます!

これからも頑張って下さい!

SKMBT_C25213111617150.jpg

久しぶりに中古楽器の入荷情報です!

今回はユーフォニアムです。
スクールバンドの大定番、ヤマハのYEP-621S。

ベルの根っ子や、2番管に少量のエクボが点在するのと、3番枝管の左手で持つ部分に少々のメッキ剥離がありますが、もちろん使用には全く問題ありません。

PA310121.jpg

PA310122.jpg

マウスピースは太管を使用します。
バルブフェルトやウォーターキーコルク等、消耗パーツは全て交換したあり、新品と同じアクションでご使用になれます!

ご来店頂けましたら、試奏もOKです!

新品定価:\378,000
この商品は販売済みです。お買い上げ、誠にありがとうございました!(2013.11.14)

ジャズトロンボーン奏者・作編曲家・プロデューサーとして著名な村田陽一さんが来店され、トロンボーンクリニックを行いました。

当日はたくさんの方にお集まり頂き、本当にありがとうございました。

DSC_0041[1]
村田さんのプレイに固唾をのんで聞き入ります!

PB040105.jpg
基本的な奏法も見て頂きました!

テーマはアドリブの方法やジャンルによる吹き分け方といったものでしたが、やはり話題は基本的な奏法が中心になりました。
何をするにしても、やはり基本的に吹けてないとその先に行けないので、まずはそこを押さえてからという事ですよね。

しかしながら、個人的にも村田さんのアドリブのフレージングがどの様に考えられているのか興味深々だったので、その一番基本となる発想を聞けただけでも、相当勉強になりました!


可能な限り、次の機会を持ちたいと思います。今回の会を開催してみて、クリアすべき課題も色々見えましたので、次に開催する機会がありましたら、更に良い会にできると思います!


中橋 潤

Author:中橋 潤
管楽器専門店ウィンズスタイル 代表
2002年、某電機メーカーのソフトウェア開発職から、趣味のトロンボーンが高じて楽器屋さんに転職。2008年に管楽器専門店ウィンズスタイルを設立。中学校・高校の吹奏楽部や管楽器愛好家をお客様として、管打楽器の販売・リペアや、吹奏楽譜・アンサンブル譜等の出版を生業としております。お取引先には、管楽器奏者や合奏指導の方のご紹介を行う等のレッスンサポートもしております!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。