FC2ブログ
2011 / 04
≪ 2011 / 03 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2011 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はとても良いお天気でした!
戦々恐々としていた税務調査も無事終了
「異常はありませんでした」と税務署の方から言って頂き、ホっと胸を撫で下ろしております。

さて、今日は中古のバストロンボーンの入荷をお知らせします。

レッチェ1 レッチェ2 レッチェ・ロゴ

なんと!!めずらしい、ドイツの名門工房 レッチェのバストロンボーンです。
ベルはゴールドブラスで、ロータリーがシングルです。現在のラインナップには載っていませんので、とても貴重です!

状態としては、ラッカーの残存率が85%程度で、ベルに凹みの修理痕とスライド先端のU字管内側に凹みの修理痕(殆どわかりません)がある以外は、とても良い状態です!

レッチェと言えばその価格!価格表には「時価」って書いてあります。
物によりけりですが、大体100万前後していますね

めったに出ない物なので(というか2度と出ない気がする・・・・)、この機会をお見逃しなく!
この商品は販売済みです。お買い上げ、誠にありがとうございます!(2013.10.10)

中橋

スポンサーサイト

来ター!! 来ました!!とうとう来ました!
税務調査です・・・・・。当店開業以来初めてです!!!

まあ、洗いざらい見てって下さい(苦笑)

さて、そんな話はさておき、東日本大震災の復興のニュースが連日報道されていますが、義援金以外にもなにかできる事は無いかと思っていた所、お隣富山県の管楽器専門店ウインズラボの社長さんブログに、「宮城県楽器BANK」の記述が・・・・。

これは良いと思い、谷口社長にご了承を頂いて、内容を転載させて頂きました。
以下、谷口社長の記述を転載させて頂きますが、当店でも同じ事をさせて頂きますので、皆様方のご協力をお待ちしております。

------ (ここから) ------

連日テレビで、目を覆いたくなるような光景が放映されています。亡くなった方や行方不明者も、阪神・淡路大震災をはるかに凌ぐ人数です。そして、楽器においても被害は尋常ではありません。大地震、津波によって、かなりの楽器が失われたり破損したり、泥だらけになったりしています。そこで私も何かできないかと考え、倉庫に眠っている楽器をお送りすることにしました。現状では使用できない状態のものもありますので、演奏できるように修理して送りたいと思います。

そこで皆様にもお願いがあります。
もし被災地の方に使っていただいてもいいという楽器がありましたら、宮城県の方にお送りいただけたらと思います。
できるだけ演奏できる状態のものが良いと思います。(修理が必要な楽器だと、かえってご負担をかけてしまうことになりますので)
楽器の状態がわからないという方は、お近くの楽器店でも点検だけなら無料で見てくれるはずです。修理が必要な場合は、直して送っていただいた方が喜ばれると思います。
楽器も修理もとなると、ご提供者の方にも大変ご負担をかけてしまうことになりますので、もし楽器のみご提供していただける方でも構いません。こちらで修理や調整をして、お送りいたします。(修理代は当店で負担させていただきます)
ただ、あまりにも状態が良くない楽器は、お受けできないかもしれません。楽器をこちらに送っていただく前に、必ずメールやお電話などで前もってご相談下さい。画像を送って頂ければ、楽器がどういう状態か、ある程度は把握できます。携帯カメラからでも構いません。(できるだけピントがあったものをお送り下さい)
宮城県へお送りする楽器には、ご提供者のお名前を楽器に付けて、責任を持って宮城県吹奏楽連盟さんへお送りいたします。


------ (ここまで) ------

メール:jun.nakahashi●winds-style.com
※●をアットマークに変えて送信して下さい。

「宮城県楽器BANK」についての詳細は、宮城県吹奏楽連盟ホームページをご覧下さい。

中橋

なんだか、余震というにはあまりに大きい地震が続きます!
こちら北陸では有感地震は殆どないのですが、余震に対する不安は能登沖地震で経験していますので、お気持ちが良く分かります。

早く治まることを願わずにはいられません!!

さて、今日は中古トロンボーンのご紹介です。

世界のベストセラー。先月のバンドジャーナル誌の表紙を飾った、クリーブランド管弦楽団首席トロンボーン奏者、マッシモ・ラ・ローサ氏も使用している、VINCENT BACH 42BGLです。

42BGL_2011.4.13 42BGL_2011.4.13_2

もう全く説明の必要が無い名機ですね!

経年の使用により、グースネックやスライドにラッカー剥がれがあります。
ベルにもエクボが少々。
でも、コンディションはバッチリです!

前オーナーは、音楽大学の卒業生。○○ウィンドオーケストラにもお仕事で行かれた方ですので、間違いの無い1本です!

新品定価:\336,000
販売価格:\147,000

この機会をお見逃しなく!

ご注文はこちら WEBSHOP>>

中橋

今日もすごく良い天気でしたね

演奏会のお知らせを2つ

まず1つ目は、石川県を代表する一般バンドの強豪、百萬石ウインドオーケストラの演奏会です。
お馴染みのプレコンサートイベントでは、仲田守先生(東京佼成ウインドオーケストラ)の課題曲クリニックが楽しみですが、その後のステージでは、女流作曲家がテーマとなっております。

百萬石 第23回定期

百萬石ウインドオーケストラ 第23回定期演奏会

日時:2011年4月24日(日)
   13:00開場 13:30ミニクリニック 14:30開演
場所:金沢市文化ホール

指揮:仲田守(東京佼成ウインドオーケストラ)
   北山義隆

ゲスト:作田聖美(サクソフォン奏者)

入場料:前売り 一般800円/高校生以下500円
    当日券 一般1000円/高校生以下700円(小学生以下無料)

プレコンサートイベント:
2011年度全日本吹奏楽コンクール課題曲ミニクリニック
~吹奏楽界のエキスパート仲田守氏が課題曲を徹底解説~

1st Stage:
「プロヴァンスの風景」(P.モーリス/仲田守編)
 サクソフォン独奏 作田聖美
吹奏楽の為のゴシック(木下牧子) ほか

2nd Stage:
アニメヒロインコレクション~憧れのヒロインたちへ~(渡部哲哉編)
The BackRoom(西邑由記子)

主催:百萬石ウインドオーケストラ
後援:石川県吹奏楽連盟 北國新聞社 テレビ金沢 ラジオかなざわ ラジオこまつ
   ラジオななお エフエム石川 金沢ケーブルテレビネット
   ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭実行委員会
お問い合わせ:谷井(090-2093-7799)

当店にもチケットがございます!
是非、足をお運びください!

そしてもう一つ
こちらは私の母校でございます。

星稜 第22回定期

星稜高校吹奏楽部 第22回定期演奏会

日時:2011年4月29日(祝)
   16:30開場 17:00開演
場所:金沢市文化ホール
入場料:前売り400円 当日券500円

プログラム:
シンフォニア・ノビリッシマ(R.ジェイガー)
魔女の宅急便コレクション(久石譲・荒井由美/福田洋介編) ほか

主催:星稜高校吹奏楽部
後援:石川県吹奏楽連盟 北國新聞社 星稜高校吹奏楽部保護者会
   星稜高校吹奏楽部後援会
お問い合わせ:星稜高校吹奏楽部(076-252-2237)

こちらも当店にチケットがございます。

是非足をお運びください!

中橋     

いよいよ新年度がスタートしました

毎年この季節は何かウキウキするものがありますが、今年は大変な震災の直後、被災した方々の事を思うと、とてもそうはなりません。

ただ、被災した国の国民として「さあ、頑張ろう!」という気持ちは、例年にも増して強いです。

今日も経済活動頑張ります!

今日は新古品のユーフォニアム入荷のお知らせです。
しかも、昨年発売されたばかりのNEWモデルです。

ウィルソン TA2905BS
このウィルソン社のフラッグシップモデル、TA2900のライトウェイト・モデルとの位置づけで昨年発表され、各部のパーツを軽量化する事により、レスポンスの速さ向上を実現しています。それでいて、音色が薄っぺらいかと思いきや、さに非ず。音の深みはしっかりキープされています。

TA2905BS TA2905BSのケース

もちろんピッカピカです。1か所だけ4番管にビミョーにエクボ?みたいなものがあります。位置的に工場出荷時から有ると思われますが、良~~~く見ても分かりにくい程度の物です。

そして、前オーナーは現役プロ奏者です。この度機種変更されることになり、手放されることになったものです。
メーカーから直売されたものですが、時期的にはまだメーカー保証期間内。
でも、それに関係なく、当店が6か月保証致します。

新品定価 \840,000
販売価格 \588,000

トーンアーツ・バッグス社製の純正セミハードケースと純正巾着袋が付属します。

とても素晴らしい楽器です。
この機会をお見逃しなく
この商品は完売致しました。お買い上げ、ありがとうございました!(2011.4.16)

中橋

中橋 潤

Author:中橋 潤
管楽器専門店ウィンズスタイル 代表
2002年、某電機メーカーのソフトウェア開発職から、趣味のトロンボーンが高じて楽器屋さんに転職。2008年に管楽器専門店ウィンズスタイルを設立。中学校・高校の吹奏楽部や管楽器愛好家をお客様として、管打楽器の販売・リペアや、吹奏楽譜・アンサンブル譜等の出版を生業としております。お取引先には、管楽器奏者や合奏指導の方のご紹介を行う等のレッスンサポートもしております!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。