FC2ブログ
2010 / 05
≪ 2010 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2010 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日まではとてもよい天気でした明日は雨だそうですね
最近、エンゼルスの松井選手の調子が悪いです。同郷人としてはともて心配です。
早くの復調を願ってやみません。

お陰さまで、当店は相変わらずの修理満杯状態です
お待たせしている皆様、本当に申し訳ありません
スタッフ柿田ともども全力で修理しておりますので、今しばらくお待ち下さいませ
そんなこんなで、ブログの更新もかなり滞っておりますが、今日は頑張って更新します!

さて、今日はとても珍しいXO(エックス・オー)のトロンボーン、BT-GBの中古品が入荷しました。

BT-GB その1 BT-GB その2

ごく僅かな使用感があるものの、殆ど新品同様といって差し支えない美品です!
凹みは全くありません。
あまりに綺麗過ぎるこの品ですが、新品定価\451,500を\220,500でのご提供です

中古では滅多に出ることのない物ですので、この機会をお見逃しなく!

中橋

ポチっとして頂けると喜びます!

スポンサーサイト

今日はとっても天気が良いですね!素晴らしい週末となりました!
エンゼルスの松井選手にも久しぶりにホームラン(3ラン!)が出て、とても良い日です

しかしながら、ここ1カ月ほど修理が山のようになっていて、ブログの更新がかなり疎かになっています
たくさんの方にご利用頂いて、本当にありがとうございます頑張りますよ

さて、今日はお客様からご注文を頂いてから、大変長らくお待たせしていたアレキサンダーのウインナホルンが入荷しました。とても珍しいものなので、お客様に許可を頂いて写真を撮らせて頂きました。

ウインナ1 ウインナ2

Fシングルは音を安定させるのが難しいらしく、最初はちょっと吹きづらそうでしたが、吹き込んでいくうちにだんだん音が決まって来て、良い音が響くようになりました!

それにしても、やはりアレキ・・・・値段もおそるべしです。
お買い上げ、ありがとうございました

中橋

ポチっとして頂けると喜びます!

GW最終日!皆さん連休は満喫されましたか?
我々同様お仕事だった方々はお疲れ様です

さて、今日は演奏会のお知らせです。
来る5/23(日)に、野々市町文化会館フォルテにおいて、石川フィルハーモニックウィンズの定期演奏会が催されます。

IPW_11th

石川フィルハーモニックウィンズ 第11回定期演奏会

日時:2010年5月23日(日) 13:15開場 14:00開演
場所:野々市町文化会館フォルテ 大ホール
料金:入場無料

プログラム:組曲「宇宙戦艦ヤマト」
      となりのトトロ
      龍馬伝 ほか
主催:石川フィルハーモニックウィンズ
共催:野々市町音楽文化協会
後援:野々市町 野々市町教育委員会 石川県吹奏楽連盟 北國新聞社
   テレビ金沢 北陸放送 金沢ケーブルテレビネット エフエム石川
   FM-N1 ラジオかなざわ ラジオこまつ ラジオななお
問い合わせ:070-5635-0902 池田(非通知不可)


当店に入場整理券がございます。
是非、足をお運びください!

中橋

ポチっとして頂けると喜びます!

GWも終盤に差し掛かり、皆様如何お過ごしでしょうか?
当店は昨日のみお休みを頂きまして、本日も元気に営業しております

どの学校さんも1年生が入部して、1年生用の楽器を準備するために眠っていた楽器を引っ張り出す時期になっていますね!
当然眠っていた楽器は、どこかしら動かなかったり、使用するに耐えない楽器である事がままあり修理に出される事が多いのですが、当店も例にもれずこんなにたくさんの修理が!
GW明けにはお届けできる様に、頑張って直しますよ!
修理品の山

さて、今日はリペアのお話です。
数年前にヤマハが桑田晃さん(読売日本交響楽団首席トロンボーン奏者)の監修のもとに開発した、Vバルブの調整をしました。

V1
こんなバルブです。
以前に話題にしたセイヤー(アキシャルフロー)バルブ同様、このバルブも分解するには楽器本体の分解が必要です。

V2
抜き差し管を外し・・・・・

V3
バルブの中身を取り出すとこんなパーツが出てきます。
ラッパのピストンみたいな外見です。

V4
中の古いオイルや汚れを拭き取ります(表面に固着物がある時は、オイルやひどい時は研磨剤でラッピングをかける場合もあります)。

V5
一通りクリーニングした後に組み立てに入り・・・・

V6
外蓋を閉めます(これを強く閉めすぎるとバルブを抑えつけてしまうので、動かなくなります。ほどほどに)。

V7
パイプを取り付けて

V8
組み上げが完了です。

使用頻度の高い楽器は少なくとも年に1回位は中を掃除した方が良いと思っています(個人的な感想です)。
やっぱり快適に動くバルブは気持ちが良いです。
スライドを調整するのと同様、楽器が見違えるように吹き易くなりますよ!

皆さんの楽器のロータリーはちゃんと動きますか?

中橋

ポチっとして頂けると喜びます!

中橋 潤

Author:中橋 潤
管楽器専門店ウィンズスタイル 代表
2002年、某電機メーカーのソフトウェア開発職から、趣味のトロンボーンが高じて楽器屋さんに転職。2008年に管楽器専門店ウィンズスタイルを設立。中学校・高校の吹奏楽部や管楽器愛好家をお客様として、管打楽器の販売・リペアや、吹奏楽譜・アンサンブル譜等の出版を生業としております。お取引先には、管楽器奏者や合奏指導の方のご紹介を行う等のレッスンサポートもしております!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。